おおらかな性格で何事に対しても楽観過ぎる

おおらかな性格で何事に対しても楽観過ぎる

ツバルとは、バチカン市国に次いで人口が少ない小国家とされます。

イギリス連邦の加盟国でもあり、南太平洋に在る首都はフナフティの海抜が最高でも五メートルと低いのがこの国の典型的な特徴となっています。

ツバルは、人口が一万人未満の非常におおらかな国とされています。

よって国民性ですが、温和であるとされています。

ただ、この国は漁業と観光が主要産業とされており、天然資源及び川や湖沼が無い国としても知られています。

国民性については大らかであるとされるものの、観光客が気を付けなければならないことが在ります。

それは、ツバルでは飲料水が希少価値が在るものとされており水道水利用については制限をされているということです。

おおらかな国民性であるものの、この国は海外で働く自国民の送金やODAといったものに依存しており、水が貴重なものとなっている以上は予めミネラルウォーター等は渡航する前に購入しておくのが得策となっており、トラベルアドバイザー等はツバルに渡航する際は水は十分に確保するように助言するに違いありません。

飲み水に適した水は殆ど無いとされており、農業に適した土地は皆無とされています。

この国の国民ですが、危機意識は低いとされています。人口については、この国以外の人としては、増加するのは好ましくない考えるのが自然となります。

水位が上がれば自然と水没してしまいますが、地中から出る湧き水については防ぎようが無いとされています。

大らか過ぎるというのは、どうしても危機感が育たないことに繋がるのかもしれません。

何事に対しても楽観過ぎるというのが、この国の国民の本質となっています。

楽観的で構わないと教育されて来たのでしょう。

海外のメディアは、同国が水没するということを頻繁に伝えて来たとされています。

水没してしまうという危機感を抱いている同国の国民ですが、きちんとした高等教育を受けている人については移住しなければならないという問題意識は強いようです。

海外に移住して、それなりに教育を受けたツバル人については、従来の国民性とは異なるスタンスといえるでしょう。

客観的に自国が危機に瀕しているというのが科学的に証明された事を知った場合は自国に帰る気持ちは薄いでしょうし、空前の灯火とみなして危機が迫っている事が明らかであると認識して外国で永住するに違いありません。

そもそも、この国の国民性ですが、民間人については大らかで楽観的とされます。

政治家についてはこの限りではないとされており、海外へ行く機会が在るでしょうし、危機意識は健全としているに違いありません。