重大な犯罪が発生する確率は極めて低いので安心できる

重大な犯罪が発生する確率は極めて低いので安心できる

ツバルとは、オセアニアに位置する独立国家の一つであり人口は一万人未満でバチカンと同じく最小国の一つともされています。

ツバルは、観光業及び漁業が主要産業となっていますが、観光客数は比較的少ないとされており海外で働く労働者からの送金が頼りとされています。

同国の治安情報についてですが、海外安全に関する情報サイト等で随時治安情報が配信されることになっています。

この国については、重大な犯罪が発生する確率は極めて低いとされています。

治安問題については特に問題視されることは無いそうです。

日本との関係については良好であるとされており、日本人を標的とした犯罪が発生することについては皆無であるとされています。

この国ですが、観光目的で訪れる外国人に対しては違法薬物や銃器類の持込は当然に禁止されています。

また、公序良俗に反する猥褻物等の持ち込み及び花火類の持込は断固拒否されています。

公序良俗に反する物品を持ち込んだ場合、地元の警察当局で罰せられることになります。

万一、ツバルで人口増加がされた場合、現在の治安情報が劇的に変化することが考えられます。

それは、この国には河川及び湖沼等が一切無くて飲み水を供給する手段としては雨水や海水を淡水にする装置に頼っているので人口増加は好ましくないとされています。

水資源はかなり貴重なものとなっており、ホテルに滞在する場合は断水時間というのが設定されており、予め確認をした上で上手に活用することが求められています。

水資源はかなり貴重なものとなっているので、煮沸してから飲むことになります。

また、水道水の使用についてもトラブルが起こり得るものと考えられます。

貴重な資源であることを考慮すると、例えば、観光客で淡水で水遊びをするようなことをしては現地住民としてはかなり好ましくないことになり、口論をしてトラブルに発展することになりかねませんし、ツバルの事情並びに情勢については注視した上で渡航をしなければなりません。

この国には、銀行にATMは一切無くて窓口で対応する以外に現金の引き出しや両替はできないことになっています。

ATM使用に慣れた人にとっては面倒なことになりますが、こういう情報も事前に知っておかなければ現地の人と揉めて治安問題に発展しかねないので注意しなければなりません。

なお、ツバルですが、世界の治安情報サイト等では、今現在は安全であると評価をされています。

失業率については不明ですが、人口増加が起きない限りは治安情報はそんなに変化はしないでしょうし、国の情勢を把握した上で渡航すれば良いでしょう。